BMWの車種紹介・メーカー特徴・購入のポイント

BMW(ビーエムダブリュー) Bayerische Motoren Werke

BMWはドイツを代表する自動車メーカーの一つです。

日本ではメルセデスと並ぶ欧州輸入車の高級車として親しまれています。

BMWの車種の特徴はスポーティーなセダンが中心です。高級車然としていないところが日本でも人気があります。

とは言え車体価格は高級車そのもので500万円台~というのが普通の価格設定です。当然上位グレードであれば7~800万円となり中々、一般人では手の届かない高級車になっています。

その割に日本全国でBMWを見かけますし最も日本で人気がある輸入車の一つであることは間違いありません。

ちなみにMINIはBMW自身が設立したコンパクトカーブランドでこちらも日本で人気がある車種です。

BMWの車種紹介

・セダン
2シリーズクーペ、3シリーズセダン、4シリーズクーペ、5シリーズセダン、6シリーズクーペ、7シリーズセダン

・スポーツ
2シリーズクーペ、4シリーズクーペ、Z4、i8(プラグインハイブリッド)

・SUV
X1、X3、X4、X5、X6

・ミニバン・ステーションワゴン
3シリーズツーリング、5シリーズツーリング

・ハッチバック
1シリーズ

・電気自動車
i3

※この他にはMモデルも有り

SUVも高い人気があるBMW

BMWと言えばスポーツセダンが人気があるというイメージですがSUVに関しても高い人気があります。

XシリーズがSUVにあたります。

本格的なクロカン車と比べるとオフロード性能は疑問符ですが、都市型SUVとしては十分過ぎる程の動力性能であり何と言っても都会的なセンスで一口に言えばカッコイイSUVです。

BMWは最も洗練されたデザイン性を持つクルマであると言って良いでしょう。

BMWを購入する際のポイント

最近人気があるSUVも魅力的ですが、BMWと言えば”美しい”とまで表現されるクーペが第一にオススメです。

確かにBMWのクーペは惚れ惚れするようなフォルムで憧れます。

BMWクーペは4ドアセダンタイプもあり実用性があって普通のセダンを買うよりはクーペが良いですね。

またハッチバックの1シリーズは300万円台~ありますがやや物足りない内容。

SUVのX1はSUVというよりもハッチバック的な感じで悪いとは言いませんが、SUVとして考えると期待ハズレになってしまうでしょう。

X1も300万円台~ありますが、下のグレードではインテリアなどがBMWっぽい上質感が無いのが残念です。

やはりBMWを購入するならBMWらしい上質感があるクラスを買った方が後悔が無いといえるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*