ロールスロイスの車種紹介・メーカー特徴・購入のポイント

ロールスロイス(Rolls-Royce) BMW

ロールスロイスは元々はイギリスの自動車メーカーですが、紆余曲折があり現在はイギリスの航空機エンジン、船舶関連の機会を作っているロールスロイスホールディングスと自動車を作っているロールスロイス・モータカーズに分かれます。

何故、冒頭にこれを説明したのかと言えば、現在のロールスロイスとはBMWがそのブランドで自動車を製造販売しているということをお伝えしたいからです。

つまりイギリス車というよりもすでにドイツ車ということが言えると思います。本拠地は一応まだイギリスにあります。

またややこしいのはフォルクスワーゲンが旧ロールス・ロイス・モータースの一切の権利を有している点。現在のBMWはフォルクスワーゲンより認められて、ロールスロイスのブランド名を使用して自動車を製造・販売しているということになります。ですからBMWは完全に新しい工場設備をイギリスに作ってブランド名だけロールスロイスを使っているという感じになります。

ただロールスロイスの伝統を当然に引き継いた車になっているとは思われます。

また本家のロールスロイスは別にあってイギリス本国で航空機エンジン等を作っているという全くの別会社になります。

ロールスロイス現行車種一覧

・ロールス・ロイス・ファントム

・ロールス・ロイス・ゴースト

・ロールス・ロイス・レイス

大きく分けると3つの車種があって、それぞれにクーペやその他のタイプがあります。

ロールスロイスを購入する際の注意点

ロールスロイスはご存知でしょうが、とても高い車です。

3000万円~5000万円という価格帯の車ですのでとてもリッチな方の専用車になります。

ロールスロイスに乗るなら運転手付きでないと格好が付かないかもしれません。

自分で運転するのも悪くない車ではありますが、運転手の人と間違われる可能性はあります。

自分で運転する意義というのはこの車もベントレーのようにスーパーカーに近いような車性能を持っているということがあります。

最も速いロールスロイスとはレイスです。

レイス(WAITH)はBMWが製造販売してから開発されたBMW版ロールスロイスでロールスロイスの伝統を守りながら、エンジン性能はBMWの技術を使っている全く新しいロールスロイスであると言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*