ポルシェの車種紹介・メーカー特徴・購入のポイント

ポルシェ(Porsche) フォルクスワーゲン

ポルシェは当初フェルディナント・ポルシェが創業した独自の自動車メーカーです。現在では紆余曲折がありフォルクスワーゲンの完全子会社になっています。

技術力が高くレーシングカー・スポーツカーなどを開発する専門的なメーカーという位置付けになります。

一般的には高級スポーツカーを販売しておりブランド力が非常に高い自動車メーカーです。

ただ高級スポーツカーばかりを販売していた時期には売上が芳しくない時期があり、(超高級車に比べるとですが)低価格の車種も販売することで経営を立て直したという経緯があります。

現在のポルシェは高級スポーツカー専売ではなくSUVのカイエンやマカンも販売しており、それらは世界的なヒット車種になっています。

最近のポルシェは日本でも販売好調

最近では日本でもポルシェが販売好調です。

2014年にはカイエンよりもコンパクトなSUV、ポルシェマカンを販売して現在でも納車待ち状態。

廉価版のポルシェマカンはプアマンズポルシェと揶揄されるものの価格は630万円~と高額な自動車です。

一般的には購入するのが難しいポルシェですがSUVのマカンであれば買えなくもない価格でしょうか?

ポルシェ購入の際のポイント

ポルシェと言えば911でしょう。

911は車体価格が1100万~2800万円の価格帯の車で一般的な方が購入するのは現実的ではないかもしれません。

低価格なポルシェはボクスターやケイマンです。

こちらは600万円台~と現実的な価格で購入可能です。それでも高いと言えば高いですね(^_^;)

一方SUVのカイエンは1100万円~の車で911とは下のグレードのスタートが同じである価格帯です。

またコンパクトSUVのマカンは700万~1000万円程度になります。ただコンパクトと言っても車体のプラットフォームはQ5ですから日本の公道では大きな車です。

さて、どの車種を買うべきかはその人の価値観によると思いますので、特にオススメ車種は記載しません。

ただスポーツカータイプを購入しても走らせるところが無いというデメリットはありますから、その点を考慮するとSUVの方が普段乗りできるという点では実際に乗る機会が増えると思います。

やはり車は運転してナンボですから、カイエンの人気は価格以上の理由があるのではと思う次第です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*