フォルクスワーゲンの車種紹介・メーカー特徴・購入のポイント

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンとはドイツ最大の自動車メーカーです。

現在ではフォルクスワーゲングループを形成している企業体になっています。傘下におさめるブランドは多彩であり、世界一の自動車メーカーであると言っても過言ではないでしょう。

【フォルクスワーゲングループ】
・フォルクスワーゲン
・アウディ
・ベントレー
・シュコダ
・ブガッティ
・ランボルギーニ
・セアト
・ポルシェ
など

尚、フォルクスワーゲンがポルシェを吸収合併したように思われていることが多いですがこれは間違いです。実質的には相互に株式が持ち合っており、創業者同士の複雑な利害関係が起因していることが指摘されています。

フォルクスワーゲンはドイツの大衆車ブランド

欧州車といえば日本では高級車のイメージが強いと言えます。そういった中でフォルクスワーゲンというブランドは大衆車という意味合いが強いです。

現在ではフォルクスワーゲンでも高級車を製造販売していますが、日本で馴染みがあるのはゴルフポロといった大衆車です。

そもそもフォルクスワーゲンを作ったのはヒトラーであり、その始まりはドイツ人の国民車=フォルクスワーゲンという意味だったようです。

現在ではそういった過去とは一切関係がない企業体ですが、国民車を作り続けているという点だけは伝統を引き継いでいるブランドであるということは間違いないでしょう。

ドイツ車と言えばベンツやBMWがまずは最初に頭に浮かびますが、実際に最も多く乗られている車はフォルクスワーゲンかもしれませんね。

フォルクスワーゲン車種紹介

フォルクスワーゲンブランドでは以下の車種があります。

コンパクトカー・ハッチバック
・ポロ
・ゴルフ
・UP!
・ザ・ビートル

SUV
・トゥアレグ
・ティグアン

ミニバン
・シャラン
・ゴルフ トゥーラン

ステーションワゴン
・パサート ヴァリアント
・パサート オールトラック
・ゴルフ ヴァリアント

セダン
・パサート
・フォルクスワーゲンCC

フォルクスワーゲンの購入のポイント

オススメ車種はハッチバックのポロやゴルフです。

何と言ってもバランス感が良く完成度が高い車であると言えます。

同クラスでは日本車と比べると若干価格が高いですが、上質さや乗り心地などはやはりポロやゴルフの方が上回ります。

コンパクトカー・ハッチバックとは言え内装などの質感の高さも売りです。価格以上に満足感があるという部分がポイントです。

その他にはステーションワゴンやミニバン、SUVとありますがいずれも価格はある程度抑えられていて実用性が高いのが特長です。SUVのトゥアレグはフォルクスワーゲンでは高級車(656万円~)の扱いになります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*