フィアットの車種紹介・メーカー特徴・購入のポイント

フィアット(FIAT) FCA

フィアットクライスラーオートモービルズ(FCA)はイタリア最大の企業グループであるフィアットグループ(自動車、製造業、農業、金融等)に属しています。

フィアットクライスラーオートモービルズにはアルファロメオ、マセラティ、ランチア、アバルトなどのブランドが傘下にあり「フィアット」自体のブランドでも自動車を製造・販売しています。

世界的に有名なフェラーリは本体のフィアットグループに属する企業です。

またフィアットは米国のクライスラーを完全子会社化して「フィアットクライスラーオートモービルズ」に社名を変更しています。

イタリアの名だたるブランド車はほぼ全てフィアットに属していると言って過言ではありません。

フィアットの現行車種一覧

“フィアット”がそのブランド名で販売している車種を紹介します。

・500

・Panda

日本では以上の2車種になります。

かなり少ないと思われるかもしれせんが、それなりにタイプが多種あるようですのでまあまあ選べる内容です。

フィアットを購入する際の注意点

フィアットが日本で販売しているモデルは全てコンパクトカーです。

500シリーズは1.2Lエンジンと0.88Lターボの2タイプ。グレードはポップ、ラウンジなどがあります。こちらはコンパクトカーのなかでも小さい方で日本の軽自動車寄りであると言えます。

そしてパンダは500よりわずかに大きいですが、価格はコチラのほうが安く500シリーズ同様に乗りやすい車です。

いずれも欧州車ということでハイオク仕様になっていますので注意点はここになります。車体価格は200万円そこそこと欧州車にしては安いので悪くない価格設定です。

日本の公道には調度良い規格で小排気量なところもオススメな点です。

2014年にパンダクロスというコンパクトSUVをフィアットは発売していますがこちらはまだ日本では発売になっていないようです。今のところは日本市場で余り販売強化をしていないようだ、というのがフィアットクライスラーの動向のようです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*