アウディA1が一部改良で価格は激安に!?日本車並のプレミアムハッチバック

アウディA1が2015年6月に一部改良されます。

発売日は6月18日

目玉は新しいグレードが追加になったことです。

それはアウディA1の3気筒ターボ車で“1.0TFSI”になります。

ダウンサイジングで249万円也

アウディでは最安値のA1 1.0 TFSIは¥2,490,000(消費税込み・希望小売価格)!

999ccですがターボ車なので動力性能は充分だと言えそうです。

そして燃費は22.9km/Lとこちらもサプライズな数値だと言えそうです。

この内容であれば日本向けとしても売れるのでは?といったことで好感が持てますね。

A1はエントリーモデルだが上質感は高い

アウディA1はエントリーモデルの車種ですが、その質感は内外装ともにアウディらしく高いものになっています。

日本車並みの価格でアウディの新車に乗れるということは素直に嬉しいところです。

コンパクトハッチという部分は引っかかる方も多いかもしれませんが、時代はダウンサイジングですからコンパクトカーを選択することは環境的には意味があります。

今時、大排気量の大型セダンに乗るという選択肢は逆にダサい感じもしますね。それでコンビニに行くんでしょうか?

うーんやっぱり時代はコンパクトです。

A1 1.4 TFSIも健在だが新グレードの方が良さそう

これまでの アウディA1と言えばA1 1.4 TFSIということですね。

こちらは排気量が1,394ccとは言えターボ搭載車で余力はあります。しかしそれ程飛ばすという訳でもなく、遠出するわけでもなくという層の方がA1の購入者の多くだと思いますので、新しいグレードであるA1 1.0 TFSIで充分だと思います。

軽自動車でも高速を乗って遠距離走る方も多いですので、A1なら全国どこへでも行けると思う次第です(もちろん舗装道路ですが)。

価格も

A1 1.4 TFSI Cylinder on Demand Sport・・・¥3,290,000
(※1.4L車の最も安いグレード)

A1 1.0 TFSI・・・¥2,490,000
A1 1.0 TFSI Sport・・・¥2,650,000

と新グレードがかなり安いです。

やはり日本的な感覚ですとコンパクトカーに300万円超の費用を出すのはちょっとな…という意識はあります。

そういったことで今回の新グレード追加は日本市場にマッチしている設定ではないでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*